2017.02.18.16:17
私が被害に気づいたのは、2014年1月末くらいです。

昨年主人がうちの所有地の前を車で通ると、
知らない車が所有地内に止まっていました。
それで主人が対応し、
止めないようにと言う事を言ったそうですが、
その男性は、
うちの親戚のおばあさん(既に亡くなり、親戚で唯一の学会員)の
名前を出して、
「〇〇さんにはとてもお世話になったんだから!」
とか、
うちの父の末っ子の弟(叔父)の名前出して、
「〇〇〇さんにだって!」
と、言ったとのことです。
それがうちと何の関係があるのでしょうか?
うちは、その男性の事は名前も顔も知らずです。
いつまでも居座り、最終的には
威圧的に 「ここに車を置いて行ってもいいんだぞ!」
と言ったとのことです。
うちの所有地です。
その男性には全く関係のない場所です。

こうやってとても意味不明・理不尽な言いがかりを
つけてくるのです。

上記に述べた叔父が 前に記事に少し書いた
仕掛け人です。
2/5に自宅に突然来ました。
「話があるんだけど」 と言われましたが、
普通対応で インタホン越しに断りました。

その後、何度も何度もインタホンを押し続け!
別の部屋の窓ガラスをドン!ドン!ドン!ドン!と、
かなりしつこく叩いていました。
行ってこいと指令を受けて来たのでしょうかね?
前からやっているのはわかっていますが、
自分で自分の先祖をも落とす行為に及んでいて、
恥ずかしくないのでしょうか?
恥ずかしくないのでしょうね。
でも、ご先祖様はちゃんと見ています。

<2/6~最近の 加害による被害>
指先・肘・その他身体中への痛み攻撃
身体の至る所へのピクピク攻撃

右足甲~指にかけて、電流が流れている感覚。
更に直後指全体が少し曲げられました。

悪夢
首からアゴにかけてガクガク痙攣
のようにさせられる攻撃。
左耳の奥にツーンと痛み攻撃(自宅・外出先)

その他相変わらずのローテク。



スポンサーサイト
2017.02.05.14:57
私が被害に気づいたのは、2014年1月末くらいです。

先日1日だけ朝から夜まで
ヘリ音が凄い日がありました。
その日の子供のお迎えの帰りには、
姿が見えて頭上に白ヘリが
飛んでいました。

基本的に常々やられている工作は、
車で道路を走っている時に、
自転車の横を通ろうとして、
中央線を少しはみ出る形に
なっているその瞬間に、
対向車がブワーっと現れて、
事故誘発、ストレスを
ためさせる工作です。
カーブとかでも
必ずと言っていいほど
人や自転車がいて、
避けて通ろうとすると、
カーブで視界が見えない所から
車が現れます。

ドラッグストアに立ち寄りましたが、
急に品出し始めて、
品出し用カート?を
ガーガー言わせていました。
数人でやっていた為、
ガーガーにガーガーの上乗せの
更に上乗せで輪唱のようでした。
あとは、高笑いと喚きでした。

うちの子はレジのお姉さんの横に
店員か?!(笑)と思う様な
とても自然にレジ枠に
入り込んで、その後お手伝いを。
(子供だけがお手伝いしてる
 つもりだとは思いますが)

その他身体にツーンとした痛み、
胸にズーンとした痛み、
身体のそこここをピクピク、
ビクンビクン。
常日頃です。

今日は午前中に仕掛け人が
久しぶりに現れましたので、
後日記事にしたいと思います。

映画 「沈黙〜サイレンス」

窪塚洋介氏がキチジロー役
(非常に重要な役らしいです)
で出演しているこの映画です。
身内が見に行って、
とても濃い内容で考えさせられる
映画だそうです。
隠れキリシタンへの弾圧。
なぜでしょうね。。





















私が被害に気づいたのは、2014年1月末くらいです。

<被害に気づいた直後>
アメーバピグで畑で野菜を育てたりしていました。
知らない人達が集まる場所に行くと、
1人のピグに話しかけられて、
「あなた指名手配されてますよ」と言われました。

え?と思いました。
そして、私が自分の畑に水やりなどに入ると、
まるで私が入ったのを見ているかのように、
タイミングよくいつも来る人達がいました。


(2014年3月)
高校の友人に電話していると、
外でマイクで
「げんぱーーつはーーんたーーい げんぱーーつはんたーーい」
と聞こえてきて、その直後に友人と会話が出来なくなり、
倒れそうになりました。
立ちくらみのとても酷いような感じで心臓バクバクでした。
一旦電話を切ろうかと思いましたが、
我慢して、 「うん」 と言うくらいしか話せませんでした。


(2014年4月)
自称被害者の方とスカイプをし終えると、酷いめまい。


※ローテクしか信じない被害者がいるようですが、
 私はハイテク被害を顕著にやられる前から、
 ネットで情報を得ていて、
  そういう事もきっと出来る。 有る。
 と思っていました。
むしろ、ハイテク技術があるからこそ、
ローテクが出来るのではないでしょうか?


<現在の被害>
前の記事を書いた日、寝ようと横になると
左耳すぐ上を
「ピク・・・ピクピクピク・・・ピピピピピクン!」 と
攻撃を始めました。
非常にしつこくやっていましたので、
結局中々眠れず、朝方少しだけ眠れました。

前記事 被害に気づく前のお話⑤ と 現在の被害
http://spicytomato.blog.fc2.com/blog-entry-12.html


その数日後(1/30、朝方)に夢を見ました。
内容からして、「人工夢」だと思いました。
無音声送信、音声送信について、
記事を載せたかったのですが、
どれが良いか?わからないので、
後日、載せられたら載せたいと思います。




2017.01.25.18:17
私が被害に気づいたのは、2014年1月末くらいです。

<2013年9月(祖母の誕生日の日)> 
祖母の100歳の誕生日会を少し盛大にやる為に
親戚を招きました。
主人が市のゴミ収集の人から声をかけられ、
「門がお盆(8月盆)の後くらいから壊れている。」
 と教えてくれました。
確認すると、門を開け閉めするのに必要な部分が
ニッパー等で人為的に引っ張られた後がありました。
跡が2本ハッキリ残っていました。
警察に電話し、見てもらいました。(1人来ました。)
この時ついでに近隣から嫌がらせを受けている。
と説明しました。

↑今思えば、門が壊れてると知らせてくれたところから、
既に工作だったのかもしれません。

この辺からどんどん露骨に気づかせる様に
やっていたのだと思います。


<2014年お正月>
家族で奥多摩に行きました。
なんで奥多摩方面?と思いましたが、
うちの苗字と同じ名前の村だか町があるとのことで、
行くことになりました。
途中コンビニに寄り(私一人で)、出て車に向かおうとしたら、
止まっていた車が急に動き出して、
私の歩きとピッタリ合うように、こちらに向かってきました。
なので、立ち止まって先に通らせて、その車は出て行きました。
が、その直後にもう一台が入ってきて、
また目の前を邪魔されました。

湖に到着し、子供とトイレに向かうと、
そこにさっきも湖周辺で会った 
うちの子と同じくらいの子供を連れた
父母がいました。
その父母らが、やたらと真顔で私の顔をじーーーっと
見ていました。
トイレの出入口を出た所でも出くわして、
まるで待っていたかのようで、
その顔はやはり真顔で私をじーーーーっと見て、
通り過ぎ離れて行く私を目で追っていたのです。
振り返って見ましたが、やはり見ていました。

苗字と同じ橋に着くと、写真を撮るとのことで
車内で私と子供は待っていました。
すると、閑散としていた所なのに、
やたらと車が通り始めました。
なんだか不思議だなぁとぼんやりと思っていました。

※被害に完全に気づく、約1ヶ月前のお話でした。


<現在の被害>
友人の家族が亡くなった為、
先週お通夜に家族で行ってきました。
到着すると既に始まっていて、
友人席に座ろうとすると、
前席に座っているオババ工作員らが
振り向いて確認していました。
お清め場前の廊下に行くと、
前席に座っていたオババ達が居て、
わざわざ何度も振り向いて
死んだ魚の目のような目で
こちらを見ていました。
部屋に入り同じテーブルですが、
オババ達とは一番離れた席(対角線上端と端)につきました。
わざわざ一人の狐目オババが体ごとこちらに向いて、
真顔でずーーーーっとこちらを見ていました。
そうやれと言われて来たのでしょうね。
写メを撮りましたが、撮り始めた所で
心拍数を物凄く上げられました。
オババ達が部屋を出て行くと、心拍数が普通に。
残りの友人席に居た人達
(基本7、80代な方々ばかり)も、帰りましたが、
その中の最後の1人のオババ(前述のオババ達とは別者)が、
私と目が合い、頭をおじぎするようなそぶり見せつつ、
そのままじーーーーーっと見ながら部屋を出て行きました。

要するに、亡くなった人のことなどはどうでもよく、
気持ちの部分でその方を弔う気持ちなど
何一つ持ち合わせていないのでしょう。
ただただ、
指令通りに嫌がらせを実行する為だけの為に
出席したのだと思います。




2017.01.18.00:47
私が被害に気づいたのは、2014年1月末くらいです。

2013年12月末近く。

実家では、毎年恒例の年に一度の餅つきがありました。

朝早めに実家に着き、既に庭では餅米を火にかけていました。

段々と煙が出始めました。

風が結構吹いていました。

煙は、さほど出てはいなかったと思います。

暫くすると、知らない中年男性(40代くらい?)がやってきました。

近くの自治会の人だとのことですが、名を名乗らず

本当かどうかわかりません。

柄の悪そうな人に見えました。

何を言いに来たかと言うと、

「近隣から煙が迷惑だと連絡が来ている」 と言う様な内容でした。

そこから 実家側 と その男性 とで暫く押し問答のように

なりました。

義理の兄に対し、すごんできました。

こちらが、

「警察を呼んで判断してもらいましょう。 

だからまずは、警察を呼びましょう」 

と言うと、

その男性は、

「事を大きくしたくないでしょう?」
 
と言い張り、話は進みませんでした。

そこで私が、その男性に話し掛けたところ、

その男性は、私の顔を黙って見たまま、

無表情で何の反応もしませんでした。

今まで、こちら側の家族と普通に話をしていたのに、

私が話しかけたら、目は合っているけれども、

無表情無反応。

なんだか変だなぁ と思いました。

この、目が合っているけど無表情無反応 と言うのは、

過去にも何度か経験がありますし、

被害に気づいてからも、何度か経験しています。

餅つきの出来事は、被害に気づく前の

加害行為であった。 と思っています。

次の年からは、餅つきは、もち米を炊く所までは、

キッチンでするようになりました。

庭で煙を出さずに炊く事にしたので、

それはそれで良かったと思います。